コンタクト

アドレス(URL): http://homepage1.nifty.com/k_tanigawa/carryover.html

自己紹介文

現職(西南女学院大学)の前は、小児病院での心理臨床家として働いていました。現在も小児医療・成育医療・小児保健分野の心理臨床を中心におき、関連分野として医療保育、病弱特別支援教育、医療ソーシャルワーク、成人医療における心理臨床を対象とした研究を進めてきました。
成人した小児慢性疾患患者・経験者の社会的自立支援も大きなテーマです。

これまでの具体的な研究課題は、①がんのこどもの学校教育支援、②がんのこどもの体力回復の支援、③大人になった小児慢性疾患の方の社会的自立の支援、④エンドオブライフケアにおける学校教育の役割、⑤白血病患者の心理支援、⑥医療保育および病弱特別支援教育の専門性の検討と研修プログラムの確立、⑦看護心理学の全体像の検討などです。

現在は、とくに医療保育・病弱特別支援教育・病院心理臨床に関わる方々の専門研修・コンサルテーション・スーパービジョンを展開しております。

性格・行動パターンはのだめカンタービレの千秋君が一番近いと勝手に評価しています。

学校心理士